ETC裏技ナビ 無料ゲームONLINE 審査甘い消費者金融 失業保険裏技 GTR35レンタカー

自動車ディーラー

ディーラーによるのですがエンジンオイルやエレメント、
車検代金など自動車ディーラーでお願いする方が

お得な場合が増えています。
例えば現在、自動車を買ったディーラーで

エンジンオイル交換任せているのですが
オイル代金と工賃込みで1,000円ほどで

オイルも純正なので品質はそれなりにいいでしょうし
今だったらアイスコーヒーが出てきますし

続きを読む

ランフラットタイヤ

パンク後まだ100kmほど走れるランフラットタイヤですが
BMWでも装着して販売など徐々に増えてきているのですが

スペアタイヤが不要で自動車自体が軽くなるなどメリットも
あるのですが技術が未発展なところや乗り心地悪化、

価格が高いなどデメリットもあり
なにより燃費はランフラットの方が悪い?

エコタイヤ

燃費向上に注目されているのがエコタイヤです。
1km/L向上したうわさもあるのです。

このエコタイヤは、曲がる抵抗を抑えたり
摩擦抵抗を抑えたタイヤです。

古くは品質に問題があったのですが
タイヤの進歩により改善が著しく注目されています。

続きを読む

タイヤ

自動車と地面の唯一の接地面がタイヤですが
忘れがちなのがタイヤの空気圧。あまりにも

減少していると燃費が下がります。
2ヶ月に1回ほどは点検して

ガソリン給油の時などに補足しましょう

10.15モードとJC08モード

全ての自動車カタログには、燃費が書かれていますが
実際走ってみますと必ずそのカタログ通りにはいかない

なぜなのか、国土交通省の定めた計測方法にのっとって
各自動車メーカーが燃費を測定し数値を国交省が審査して決めています。

これが今よく使われる10・15モード
この計測法は細かく規定があります。

20秒間アイドリングの後7秒間で時速20キロまで加速し
20キロのまま15秒間走行するというような

市街地と高速道路での走行を想定して
11分間で4.165キロを走り最高速は70キロ

カタログ通りいかないのは、
現実我々の走行に比べて速度変化が少ないまた、

続きを読む

アクセル

発信時はアクセルを緩やかに踏む事が効果的で
最初の5秒間に時速20キロ程度に速度を上げるなら

普通の発進より10%燃費が改善するといわれてます。
まずは急発進・急減速を減らす事から始めましょう

アイドリングストップ

だらだらとしたアイドリングはガソリンのムダ使いです
最近では信号で止まるとエンジンストップする車もあります。

赤信号や交通渋滞で車両が停止中に、
燃費向上やアイドリング騒音低下のため

エンジンスイッチを操作することなく
エンジンを停止・再始動させるシステムです。

ダイハツのミラです。
クラス最高の燃費を記録

エアコン

エアコンの使用を控えめにすれば燃費向上されます。
特にエンジンの小さな車ほどその効果が表れます

荷物

車重が軽い方が燃費が向上する傾向にあります
本やゴルフや重い荷物がクルマに載っているなら降ろしましょう

4人よりも1人の方が燃費がよく
車重の軽いクルマの方が燃費がよい傾向に

ある意味軽量スポーツカーはエコなのかも

MT

日本ではMTは圧倒的に使用者は少ないのですが
ATよりMTの方が基本的に燃費がいい

フォルクスワーゲンのDSGならMTに勝てるかもしれないのですが?

最近欧州では当たり前のディーゼルが
日本車でも復活の兆し

例えばエクストレイルなど
しかしATの開発が追いつかないため

まずはMTのみの発売になりそう
ディーゼル乗るならMT

コンパクトカー

ガソリン高の最有力の種類がコンパクトカー
コンパクトカーは、燃費が良いのが特に長所

また本体が高級軽自動車やハイブリッドよりも安めのところが
見逃せません

車の運転が街のちょい乗りの場合は
税金が安い軽自動車の方がトータルで安くつきそう

コンパクトの最有力はフィットかな

軽自動車

軽自動車は現在の燃料高に向いている
まずそこそこ燃費が良い

一番の注目が税金関係が安いということで
バーゲン的な税金である

トータルで安くまとめるなら軽自動車が最有力で
本体が安い、燃費がいい、税金がバーゲンという感じ

ただし高速走行が多かったり夏にエアコンをかけることが
多い場合はコンパクトカーのほうが燃費がいい場合が多く

その燃費の差額を税金や自動車自身計算するとトータルで
コンパクトカーのほうが優性の場合があるため

乗り方によって検討する余地あり

ハイブリッド車

ハイブリッド車は、トヨタプリウスやホンダシビックハイブリッドが
有名ですが、燃費の10.15モードでも際立って高い水準です。

だからハイブリッド車を選ぶ価値は環境問題も含めて
高いです。また近々ホンダが現行のハイブリッド車よりも

安いタイプを発売するとのことなので
ますますハイブリッド車が増えることが想像できますが

しかしながら軽自動車と比べると本体が高かったり
税金の差などを考え特に走行距離が少なめの方は

軽自動車やコンパクトカーの方を
選ぶ方がトータルでお得な場合があります。

燃費ランキング

燃費改善するならやはり自動車を燃費のいい車に
変えるのがわかりやすいのですが

国土交通省が3月28日に
「燃費の良いガソリン乗用車ベスト10」を発表した。

普通車・小型車

1   プリウス (トヨタ)
2   シビックハイブリッド (ホンダ)
3   ヴィッツ (トヨタ)
4   フィット (ホンダ)
5   デミオ (マツダ)
6   ベルタ (トヨタ)
7   パッソ (トヨタ)
7   ブーン (ダイハツ)
9   コルト (三菱)
9   スイフト (スズキ)


軽自動車

1   ミラ (ダイハツ)
2   R1 (スバル)
2   R2 (スバル)
4   ステラ (スバル)
4   ムーヴ (ダイハツ)
4   ソニカ (ダイハツ)
4   ワゴンR (スズキ)
4   セルボ (スズキ)
4   AZ-ワゴン (マツダ)
10   エッセ (ダイハツ)


主な燃費のいい車紹介

プリウス  トヨタ  35.5K/L
シビックハイブリッド  ホンダ  31.0K/L
ミラ    ダイハツ 27.0K/L

R2    富士重工 24.5K/L
フィット  ホンダ  24.0K/L

続きを読む

JAFをやめる

JAFをやめて年間費を浮かせる
そのかわりに保険会社が無料で行っている

ロードサービスに変更して
実質ただでロードサービスを受ける

続きを読む

扇風機

小エンジンの車は、夏のエアコンでは燃費が悪化する
傾向にあるのですが+小型扇風機で

車内の空気が循環されるので効率よく冷やすもしくは
長く涼しくする事が可能です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。